×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資格にも種類がありますが、その中の国家資格とは・・・?

資格には、国家資格と民間資格、公的資格などがあります。あなたが資格取得を考えている場合、まずは、どのような資格があり、それが国家資格なのか民間資格なのかをしっかりと調べるようにしましょう。
民間資格の場合は、取得しても就職などの役に立たないこともあります(役に立つこともあります)。国家資格は、ほとんどの人が何らかの形で一つか二つは持っているはずです。たとえば、自動車免許なども、立派な国家資格の一つなのです。
また、高校卒業資格や、大学卒業資格も、国家資格といえるでしょう。専門卒業資格については政府から認可を受けていない専門学校などもあるので、一概に国家資格と分類することはできません。国家資格を取得するためには、多くの場合、試験に合格することが条件となります。
中には特別教習や技能講習を受けることによって取得することができる国家資格もありますが、これは、主に機械などの操作に関する資格がほとんどです。専門的知識を必要とする資格などは、ほとどの場合試験に合格する必要があります。試験時期については、各国家資格によって違います。
また、各資格の人気度、難易度なども大きな違いがあります。簿記資格などは知名度も人気も高い資格といえるでしょう。

女性のための「看護士」の資格について・・・。

看護師の資格を取るためには、専門学校や大学などの専門教育機関を卒業する必要があります。現在、日本では、看護師が慢性的に不足しているといわれています。一度看護師として病院などで働いていたものの、結婚などによって退職し、そのまま職場から離れていったという人が多くいるのです。
「休眠看護師」と呼ばれる看護師資格保持者たちの職場復帰が推進されようとしているのが、現在の日本の看護師事情なのです。これからも、看護師は多くの需要があり続けるでしょう。
いくら医療技術が進歩しても、薬ひとつで病気や怪我が治るというわけではありません。ある程度以上の怪我、あるいは病気をした時は、病院に入院して治療することが絶対に必要になるのです。だからこそ、看護師という職業が不必要になることなど絶対にないでしょう。
看護師資格は、看護師と、准看護師の2種類があります。資格の種類によって業務内容が大幅に変わる、というわけではなく、どちらの資格でもほとんど同等の看護業務を行うことになります。しかし、給与水準などは准看護師のほうが看護師に劣ります。
このような状況は差別的とも言えるため問題になることもあり、将来的には看護師資格の一本化が求められています。

保育士と幼稚園教諭の資格とは・・・?

「保育園の保母さん」「幼稚園の先生」など、幼児の教育を行う人を保育士、幼稚園教諭などと呼びます。保育士と幼稚園教諭は、似たような国家資格であるにもかかわらず、現在のところ別々の資格として区別されています。
なお、厳密には保育士は厚生労働省管轄の福祉職員、幼稚園教諭は、文部科学省管轄の教師となっています。
同じ幼児の世話をする資格なのに、片方は教師、もう片方は福祉職員と分類されているのです。しかし、以前から、このように保育士資格と幼稚園教諭資格を分ける必要性はないという声が上がっており、いわゆる「幼保一元化」が
検討されるようになりました。こによって、現在では、幼稚園教諭の資格か保育士の資格のどちらかを既に取得している場合は、もうひとつの資格を比較的取りやすいようになっています。これからも、幼保一元化の動きは進んでいくことでしょう。
将来的には、完全に保育士資格と幼稚園教諭資格が同一のものになるときがあるかもしれません。しかし、現在のところは、保育士と幼稚園教諭資格は別のものです。
保育士になるためには、保育系大学・専門学校・短大などを卒業するか、保育系以外の大学・専門学校・短大を卒業するか二通りの流れがあります。後者の場合、保育士試験を受験し合格する必要があります。

Copyright © 2008 資格・講座や女性起業家のためのセミナー情報を提供します!